I.N.S.La

Integration of Natural Science and Liberal Arts

"自然科学"と"リベラル・アーツ"を 統合する会

  2015年4月21日、多田富雄の永眠から早5年が過ぎました。この間、2011年3月11日の東日本大震災は、科学技術のあり方を深く考える必要性を提示いたしました。
それだけではなく、宗教にかこつけた殺戮、社会格差の拡大など、生前の多田富雄ならなんと感じ、何を言うだろうか、残された我々にとって自問自答する日々です。
  さて、この5月には、多田富雄作「長崎の聖母」がニューヨークとボストンで公演されます。
その間、ワークショップも企画されています。
海外公演は、かねてより多田が望んでいた事でさぞ喜んでいると思います。
 あまりにINSLAで取り上げるべき課題が多い時代となりました、
これからも機会を捉えて活動を続けていきたいと思います。 
               2015年4月 代表理事 岩崎敬
  NY,Boston 公演についてはこちら

 

2011-2012
●:公演 / ○:ワークショップ / □:講演・シンポジウム

2012/04/21-04/28 私のがらくた美術館 多田富雄所蔵 古美術+能面展 港区Sundries
2012/04/21 「無明の井」国立能楽堂、講演福岡伸一:お申し込み
□2011/11/19 多田富雄一周忌追悼会:講演・詩の朗読・謳
2011/07/17-18「沖縄残月記」沖縄県浦添市国立劇場(特別協力
2011/07/09 「安全と命」柳田邦男氏他 東京理科大学 理窓会館
2010年以前の主な活動
●2010/08/08 新作能「長崎の聖母」長崎市公会堂(後援)
□2010/04/21 「日本の食と農を考える」東京大学安田講堂
●2009/06/20 新作能「沖縄残月記」
●2008/12/26 新作能「花供養」(後援)
●言葉の力 詩・歌・舞 ー石牟礼道子・多田富雄 深き魂の交歓ー
□2008/10/16 「地球に地獄がやってくる!」-地球温暖化で何が起こる?-
●2007/10/18 多田富雄作新作能「一石仙人」:京都東寺/公演風景
□2007/06/29 「鳥インフルエンザの恐怖」 -21世紀の感染症 竹森利忠 /(pdf)
○2007/04/16 Noh Workshopボストン大学他
設立趣旨会の案内(pdf)

代表:多田富雄

組織